行政書士

行政書士資格は意味ない?やめとけ時間の無駄だといわれる理由を解説

行政書士の資格試験には、最低でも800〜1,000時間の学習時間が必要な上に、合格率は毎年10%前後とかなり低い水準です。お金を稼ぐという点では直接、年収に影響を与えるのが難しい資格でもあります。この記事では行政書士の資格を取得しても意味がないのかや、やめとけ時間の無駄だと批判される理由などに関して、分かりやすく解説しています。
宅建

宅建業法で満点レベルは外せない!?業法以外で合否の差がつくテーマとは

最近の宅建試験において、確実に合格を目指すには、宅建業法を基本として満点レベルを目指すと同時に、他のテーマも頻出論点から優先して確実に抑える必要があります。そこで今回は、宅建業法以外で合否の差がつきやすいテーマについて解説します。
行政書士

行政書士の過去問アプリおすすめ8選!学習が捗る解説付き【無料】

スマホアプリを活用してスキマ時間に行政書士の学習を行うのは、とてもおすすめの勉強法です。実際に行政書士に合格している人の多くが、学習アプリを活用しており、通勤や通学などの時間を有効活用されています。この記事では行政書士の試験対策に役立つおすすめの学習アプリに関して、初心者にも分かりやすく解説しています。
スポンサーリンク
簿記

簿記2級合格者必見!おすすめの在宅ワーク&副業5選

インターネットやクラウドソーシングサービスの普及などにより、在宅ワークをするハードルも、従来に比べるとかなり低くなっています。育児や介護があって外に働きに出るのが難しい人でも家で仕事ができるようになりました。そこで、簿記2級に合格した人におすすめの在宅ワークや副業を5つ紹介します。
行政書士

行政書士の年収の本音と現実を大暴露!男女・年齢別に比較【最新版】

行政書士の平均年収は、厚生労働省サイトによると約600万円です。ただし、単に行政書士とはいえ年収に関しては個人差が激しく、一概に平均年収や中央値だけでは測れない、というのが本音です。この記事では行政書士の年収に関する情報をもとに、その実態に関して初心者にも分かりやすく解説しています。
宅建

令和4年度宅建本試験の合格点と令和5年受験へ向けたアドバイス

令和4年(2022年)宅建試験の合格発表が11月22日に行なわれました。宅建試験の合格率はここ10年ほど15%前後で推移しているものの、受験対策としては近年少し変わりつつあるように感じます。そこで今回は、本年の宅建試験振り返りと共に来年以降の受験へ向けたアドバイスについて紹介します。
行政書士

行政書士試験の難易度は?独学で十分?初心者でも合格できるのか検証

行政書士試験の難易度は、法律系の資格試験の中では比較に、それほど難しい試験ではありません。ただし、合格率は毎年平均して10%前後を推移しており、決して簡単な試験ではないでしょう。この記事では、行政書士試験に独学で挑む場合のおすすめの勉強法や、参考テキストなどに関して初心者にも分かりやすく解説しています。
簿記

簿記2級合格後に目指すべき資格は?おすすめ資格5選

簿記2級は決して簡単な資格ではない以上、転職などキャリアアップにおいても有効です。しかし、さらに仕事の幅を広げたいなら、他の資格にもチャレンジしてみましょう。本記事では、簿記2級に合格した後に目指すべき資格を5つ紹介します。
行政書士

行政書士とはどんな仕事?平均年収や司法書士との違いを解説

行政書士とは、官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類作成や、申請代行などを行う人を指します。この記事では、行政書士の仕事内容や平均年収、資格取得後のキャリアプランなどに関して、初心者にも分かりやすく解説しています。
簿記

簿記2級の過去問はどう使うべき?税理士簿記論合格済の筆者がアドバイスします

筆者はこれまで日商簿記検定1級や税理士簿記論など、さまざまな簿記関連の試験を受けてきました。胸を張って言えるほど大した勉強をしたわけでもありませんが、過去問演習だけは欠かさずにやっています。そこで本記事では、簿記2級の合格を目指す人に向けて、過去問の使い方をアドバイスします。
タイトルとURLをコピーしました