宅建

宅建

2022年宅建本試験大反省会

2022年10月16日に宅建本試験が実施されました。各予備校の合格点の予想は34点から36点に集中しているようですが、こればかりは合格発表(2022年11月22日)を見ないとわかりません。ここでは、2023年の受験を考えている方を中心に、2022年の宅建本試験の振り返りをしましょう。
宅建

宅建試験対策「免除科目」頻出テーマと学習法

分野別に紹介してきた宅建試験対策の最後は「免除科目」です。権利関係など他のテーマと比べると学習が手薄になりがちですが、しっかり対策することで確実に得点できます。試験直前の10月に入ってから本格的に学習しても、十分に間に合う分野です。手を抜かずに確実に学習しましょう。
宅建

宅建試験前日はどう過ごす?当日をベストな状態で迎えるためにできること

いよいよ宅建試験本番が近づいてきました。緊張していない人は少ないと思いますが、緊張しすぎるのも心配です。そこで今回は、宅建試験前日の過ごし方について紹介します。前日をより穏やかに過ごせるように、直前期の今からできることについてもアドバイスしていきます。どうぞ参考になさってください。
スポンサーリンク
宅建

宅建試験対策「宅建業法」頻出テーマと学習法

今回は宅建業法の頻出テーマと学習法について解説します。宅建試験で出題される50問のうち、宅建業法は20問出題されます。宅建業法の学習法は、ひたすら過去問を中心に何度も繰り返すことです。並行して、改正点や近年注目されている話題についても意識しておきましょう。
宅建

宅建試験対策「税その他」頻出テーマと学習法

宅建試験対策のうち「税その他」について解説していきます。税その他とは、本試験問題の問23~25までの3問にあたる部分です。たかが3点、されど3点です。しっかり対策をすれば確実に得点が狙えるところです。メリハリをつけた学習を心がけ、合格へ向けて着実に知識定着をはかりましょう。
宅建

宅建試験対策「法令上の制限」頻出テーマと学習法

今回は法令上の制限のなかから各分野ごとに頻出テーマを紹介し、学習法についてアドバイスしていきます。法令上の制限は、8問出題されます。都市計画法と建築基準法は、例年2問ずつ出題されます。そのほか宅地造成等規制法、土地区画整理法、農地法は例年1問ずつ出題です。出題される8点中6点は確実に抑えましょう。
宅建

宅建試験対策「権利関係・後半」頻出テーマと学習法

今回は、宅建試験対策「権利関係後半」の頻出テーマについて解説し、学習法についてもアドバイスします。宅建試験では、権利関係は全部で14点出題されます。本記事では、そのうち問1から10までを権利関係前半(民法部分)とし、後半は特別法として分けて攻略する方法をお伝えしています。
宅建

宅建試験対策「権利関係・前半」民法の頻出テーマと学習法

今回から、宅建試験対策の実践編として各テーマごとに頻出テーマと学習法をまとめていきます。まず第1回目は「権利関係・前半」です。民法は権利関係だけでなく、この後の法令上の制限や宅建業法、免除科目とも関連する法律の基礎です。本記事では、学習のコツなども紹介していきます。是非参考になさってください。
宅建

簿記2級と宅建士の違いを徹底分析。両方取得するメリットは?

仕事と受験勉強を両立でき、しかもステップアップにつながるということで人気のある資格はたくさんあります。 中でも、簿記2級(以下、特に注記がなければ日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験2級を指す)と宅地建物取引士試験(以下...
宅建

受験申込完了!今から始める宅建試験合格への学習方法

こんにちは、宅建講師の大野翠です。7月は宅建受験申し込み月でしたが、受験予定者の皆様は忘れずに申し込みを済ませましたか。 宅建試験は国家試験であり、年に一度のみ受験ができます。新型コロナウイルス感染予防対策として、都道府県によっては...
タイトルとURLをコピーしました