宅建

宅建

宅地建物取引士になったら何ができる?合格後のイメージを明確にしよう

こんにちは、宅建講師の大野翠です。 宅地建物取引士の学習を進めている皆さんのほとんどは、合格することを目標にしているかと思います。もちろん、まずは合格しないことには、その先のイメージができないとも言えます。 一方で、合格後「宅...
宅建

宅建の合格率はどのくらい?何点を目指して学習をすればよいか目安を紹介

こんにちは、宅建講師の大野翠です。 宅地建物取引士試験(宅建試験)の合格を目指して学習を進めている人にとって、合格率や合格点数は意識したいポイントです。 実は、宅建試験は「〇点以上合格」という明確な合格点数が設けられていません...
宅建

宅建学習のペースメーカーとして模擬試験を活用しよう

こんにちは、宅建講師の大野翠です。 宅建の学習を進めるうえで、資格スクールに通っている人はだいたいのスケジュールが決められているためペースをつかみやすいでしょう。 一方、独学で学習をしている人にとっては、いつまでに、どの程度の...
スポンサーリンク
宅建

宅建学習、間違いノートは自分だけのお守りになる!

宅建の学習を進めていく中で、間違えた箇所や苦手なテーマは、テキストに付箋を貼るなど工夫をしている人が多いのではないでしょうか。今回、ひとつのおすすめとして「間違いノート」について紹介します。間違いノートの作り方や、間違いノートをつかった学習効果についてまとめていきます。
宅建

宅建学習の教材選びとは?教材の特徴とおすすめの利用法を紹介

宅建の合格を目指し、いざ学習を始めようとした時に悩むのが「教材選び」です。じっくり選ぼうと思って書店に行っても、宅建関係の書籍が多すぎて選べないという声もよく耳にします。今回は、一般的に販売されている宅建教材の特色と選び方について紹介します。
宅建

宅建学習、過去問を回すと合格?過去問との正しい向き合い方とは

宅建の学習では、過去問から離れないことが基本とされています。いわゆる「過去問をまわす」というような表現で例えられることもあります。今回は、ただ単に「過去問をまわす」のではなく、効果的な過去問との付き合い方について解説します。
宅建

宅建試験と親和性の高い資格について

今回は、宅建試験と親和性の高い資格について紹介していきます。親和性が高いとは、簡単に言うと「それぞれの学習範囲に重複部分があり勉強しやすい」ということです。つまり、せっかく宅建学習をするのなら関連する資格学習も意識してみませんか、というおすすめです。
宅建

宅建試験を初めて受験する人向け学習のポイント

今回は初めて宅建試験を受験する人向けに学習のポイントについて紹介します。残念ながら学習ポイントには「これで絶対合格!」という確立された正解はありません。本記事を参考に、まずは実践しながら微調整を重ね、より早い段階で自分なりの学習スタイルを構築できるお手伝いができればと思います。
宅建

働きながら宅建試験合格を目指す、効率的な勉強方法

今回は、主に社会人が独学で宅建合格を目指す場合の効果的な学習の進め方について紹介します。なお、本記事での社会人とは、働いている人や主婦(主夫)の人の総称です。学生ではなく、仕事や家事・育児などをしながら独学を進める社会人の皆さんにとって本記事が参考になればと思います。
宅建

過去問で合格する宅建【令和3年第3問 契約上の地位の承継】

今回は民法から、契約上の地位の承継に関する問題を見てみましょう。宅建試験的には珍しい横断的な知識を問う問題です。ひと目でパニックになる方もいらっしゃったかもしれませんが、一つ一つは過去問の焼き直しも多く、正解にたどり着きたい問題です。
タイトルとURLをコピーしました