ビジネス系検定

秘書検定3級 試験対策【求められる資質2】

「求められる資質」では、秘書としての心構えや必要とされる能力について問われます。そのため、秘書にはどういった人柄が要求されるのかしっかり押さえておくことが必要です。今回は「求められる資質」から出題される取り次ぎ、スケジュール変更について解説いたします。
ビジネス系検定

秘書検定3級試験対策【求められる資質1】

「求められる資質」では、秘書としての心構えや必要とされる能力について問われます。本記事では「求められる資質」から出題される問題の中でも繰り返し出題されている仕事の進め方、機密事項、取り次ぎ、スケジュール変更の4つのうち仕事の進め方、機密事項について解説します。
ビジネス系検定

ファイナンシャルプランニングと資金計画7【公的医療保険】

「ファイナンシャルプランニングと資金計画」のうち「公的医療保険」について詳しく解説していきます。社会保険とは、医療保険、介護保険、年金保険のほか、広義では労働保険も含めた公的保険精度の総称を指します。今回は社会保険の中の「医療保険」について詳しく解説したいと思います。
スポンサーリンク
ビジネス系検定

ファイナンシャルプランニングと資金計画6【教育資金プランニング】

一般的に子供にかかる教育資金は大学まで、ずっと公立でも1,000万円くらい、ずっと私立だと2,000万円くらいかかると言われています。そのため、教育資金のプランニングをすることは非常に重要です。今回は教育資金プランニングの中でも特に出題が多い「学資保険」「教育ローン」「奨学金」について詳しく解説したいと思います。
ビジネス系検定

秘書検定2級の概要を解説!試験形式は?どんな問題が出る?

秘書検定は3級、2級、準1級、1級と4つの階級に分かれていますが、今回は2級試験に焦点を当てて解説していきます。最後に、実際に出た試験問題の実例を出しますので難易度の参考にしていただければと思います。ぜひ問題にも挑戦してみてください!
ビジネス系検定

ファイナンシャルプランニングと資金計画5【住宅取得プランニング】

「ファイナンシャルプランニングと資金計画」のうち「住宅取得プランニング」について詳しく解説していきます。ライフイベントの中で、最も大きな出費をするのは「マイホーム購入」です。そのため、FPとして顧客のライフプランに合わせたアドバイスをする上で、住宅取得のプランニングは重要と言えるでしょう。
ビジネス系検定

ファイナンシャルプランニングと資金計画4【6つの係数】

今回は「ファイナンシャルプランニングと資金計画」のうち「6つの係数」について詳しく解説していきます。「100万円を年3%で運用すると10年後にはいくらになっているか?」「15年後の学費を準備するために毎年いくら積立てれば良いか?」などといった計算をする際に非常に便利です。
ビジネス系検定

秘書検定3級の概要を解説!試験形式は?どんな問題が出る?

秘書検定は3級、2級、準1級、1級と4つの階級に分かれていますが、今回は3級試験に焦点を当てて解説していきます。最後に、実際に出た試験問題の実例を出しますので難易度の参考にしていただければと思います。ぜひ問題にも挑戦してみてください!
ビジネス系検定

ファイナンシャルプランニングと資金計画3【ライフプランニングの手順と3大ツール】

学科の6教科の最初の1科目「ファイナンシャルプランニングと資金計画」のうち「ライフプランニングの手順と3大ツール」について詳しく解説していきます。
ビジネス系検定

ファイナンシャルプランニングと資金計画2 【FPと関連法規】

今回は前回に引き続き、学科の6教科の1科目である「ファイナンシャルプランニングと資金計画」の「FPと関連法規」について詳しく解説していきます。他士業と隣接する業務などの法令違反をしないように気をつけましょう。
タイトルとURLをコピーしました