宅建

宅建学習のペースメーカーとして模擬試験を活用しよう

こんにちは、宅建講師の大野翠です。 宅建の学習を進めるうえで、資格スクールに通っている人はだいたいのスケジュールが決められているためペースをつかみやすいでしょう。 一方、独学で学習をしている人にとっては、いつまでに、どの程度の...
簿記

簿記3級で応募できる求人は意外に多い!実際に調べてみました

日商簿記検定は簿記の資格の中でもトップクラスの知名度を誇ります。まったくの初心者であれば3級から受験するの一般的です。しかし、「3級でしょ?あまり役に立たないよ」と誤解している人も珍しくありません。そこで今回の記事では「簿記3級でも案外役に立つ」という事実を立証すべく、簿記3級で応募できる求人がどれぐらいあるか調べてみました。
宅建

宅建学習、間違いノートは自分だけのお守りになる!

宅建の学習を進めていく中で、間違えた箇所や苦手なテーマは、テキストに付箋を貼るなど工夫をしている人が多いのではないでしょうか。今回、ひとつのおすすめとして「間違いノート」について紹介します。間違いノートの作り方や、間違いノートをつかった学習効果についてまとめていきます。
スポンサーリンク
簿記

【学生必見】簿記3級は1ヶ月で合格可能。モデルプランを紹介します

日本商工会議所が実施する簿記検定試験は、一般的な認知度も高く、就職・転職においても高く評価されます。初級ともいえる3級の試験でも、取って損はない資格といっても過言ではありません。やり方次第では簿記3級に1ヶ月で合格するのも夢ではないでしょう。
宅建

宅建学習の教材選びとは?教材の特徴とおすすめの利用法を紹介

宅建の合格を目指し、いざ学習を始めようとした時に悩むのが「教材選び」です。じっくり選ぼうと思って書店に行っても、宅建関係の書籍が多すぎて選べないという声もよく耳にします。今回は、一般的に販売されている宅建教材の特色と選び方について紹介します。
簿記

【コスパ抜群】簿記3級を取ると何ができる?メリットを考えてみた

日本商工会議所が実施する簿記検定試験(日商簿記検定)は、毎年たくさんの人が受験する人気資格です。そして、筆者は簿記3級は、「コスパ抜群の資格」だと思っています。なぜ「コスパ抜群」なのか、具体的なメリットとともに解説しましょう。
行政書士

行政書士試験向け六法のオススメ3選|独学・一発合格できた活用方法

行政書士試験では、六法を使って条文素読をすることで、択一問題と記述問題両方の対策になります。 法律初学者や独学の人は、「学習のハードルを下げる」ことを意識して、六法を選ぶことをオススメします。
宅建

宅建学習、過去問を回すと合格?過去問との正しい向き合い方とは

宅建の学習では、過去問から離れないことが基本とされています。いわゆる「過去問をまわす」というような表現で例えられることもあります。今回は、ただ単に「過去問をまわす」のではなく、効果的な過去問との付き合い方について解説します。
簿記

日商簿記2級は独学で合格できる!合格するための5つのポイント

「会計の知識を活かして仕事をする上でのスタートライン」でもあるのが日商簿記検定2級ですが、決して簡単な資格ではないのも事実です。しかし、やり方さえ考えれば独学で合格することは不可能ではないでしょう。実際に日商簿記検定を受験し、合格した経験を持つ筆者が、独学で合格するために押さえるべきポイントを5つ、解説します。
宅建

宅建試験と親和性の高い資格について

今回は、宅建試験と親和性の高い資格について紹介していきます。親和性が高いとは、簡単に言うと「それぞれの学習範囲に重複部分があり勉強しやすい」ということです。つまり、せっかく宅建学習をするのなら関連する資格学習も意識してみませんか、というおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました