行政書士

行政書士試験の難易度ランキングはどれくらい?他の国家資格と比較

行政書士試験は、資格の中でも難しいといわれている試験ではありますが、実際には法律系の資格の中ではそこまで難易度は高くありません。この記事では、行政書士試験の難易度を他の国家資格と比較して測るとともに、最新の受験生の意見なども交えて分かりやすく解説しています。
簿記

簿記2級で年収アップ!おすすめキャリアプラン3選

簿記2級の合格を目指す理由は人それぞれですが「転職、就職に有利そうだから」という理由で目指している人もいるはずです。そこで今回は「簿記2級に合格した人が年収を上げたいと思うなら、その後どうやって働くべきか」について考えてみました。
行政書士

行政書士試験の難易度と勉強時間を学習スタイル別に解説【最短合格が目指せる】

行政書士試験は、他の法律系の資格試験と比較すると、そこまで難易度は高くありません。しかし、容易に合格できる資格ではないのは確かなため、しっかりと学習計画を立てた上で試験に臨む必要があるでしょう。この記事では、合格するために最低限必要な勉強時間や、具体的な勉強法などに関して初心者にも分かりやすく解説しています。
スポンサーリンク
簿記

簿記2級ネット試験を徹底解剖!難易度、申込方法、対策は?

日本商工会議所および各地商工会議所では、2020年12月から簿記検定のネット試験を開始しました。所定のテストセンターに行き、パソコンを使って受験できるというスタイルの試験です。本記事では、簿記2級のネット試験を受験する場合の手続きや注意点について解説します。
行政書士

行政書士試験の合格率・推移を大公開!難しすぎる理由と攻略法まとめ

法律資格の登竜門といわれる行政書士試験ですが、その合格率は平均して10%前後と非常に狭き門となっています。この記事では、行政書士試験の合格率に関して年度別、年齢別、都道府県別、大学別に解説するとともに、難しいといわれる具体的な理由に関して説明しています。
簿記

簿記2級に受かる気がしない人必見。合格者が考えた突破のコツ5選

簿記2級は「1~2回受験すればまず受かる」試験と言われていました。しかし、昨今の合格率や試験問題の難易度の上昇を見ていると、そう簡単な試験でもなくなっているようです。そこで本記事では、苦戦している人のために、合格者である筆者がコツを伝授します。
宅建

2022年宅建本試験大反省会

2022年10月16日に宅建本試験が実施されました。各予備校の合格点の予想は34点から36点に集中しているようですが、こればかりは合格発表(2022年11月22日)を見ないとわかりません。ここでは、2023年の受験を考えている方を中心に、2022年の宅建本試験の振り返りをしましょう。
簿記

簿記3級を飛ばして2級を受けるのはおすすめしない3つの理由

簿記検定は認知度が高く、毎年たくさんの人が受験する資格試験の1つです。一般的には、3級から受験し、その後2級→1級とステップアップしていく流れです。しかし3級を受験せず、いきなり2級から受験する人もいます。人にはそれぞれ考え方や事情があるので否定はしませんが、筆者はおすすめしません。その理由を詳しく解説します。
宅建

宅建試験対策「免除科目」頻出テーマと学習法

分野別に紹介してきた宅建試験対策の最後は「免除科目」です。権利関係など他のテーマと比べると学習が手薄になりがちですが、しっかり対策することで確実に得点できます。試験直前の10月に入ってから本格的に学習しても、十分に間に合う分野です。手を抜かずに確実に学習しましょう。
宅建

宅建試験前日はどう過ごす?当日をベストな状態で迎えるためにできること

いよいよ宅建試験本番が近づいてきました。緊張していない人は少ないと思いますが、緊張しすぎるのも心配です。そこで今回は、宅建試験前日の過ごし方について紹介します。前日をより穏やかに過ごせるように、直前期の今からできることについてもアドバイスしていきます。どうぞ参考になさってください。
タイトルとURLをコピーしました