簿記

簿記

簿記2級合格後に目指すべき資格は?おすすめ資格5選

簿記2級は決して簡単な資格ではない以上、転職などキャリアアップにおいても有効です。しかし、さらに仕事の幅を広げたいなら、他の資格にもチャレンジしてみましょう。本記事では、簿記2級に合格した後に目指すべき資格を5つ紹介します。
簿記

簿記2級の過去問はどう使うべき?税理士簿記論合格済の筆者がアドバイスします

筆者はこれまで日商簿記検定1級や税理士簿記論など、さまざまな簿記関連の試験を受けてきました。胸を張って言えるほど大した勉強をしたわけでもありませんが、過去問演習だけは欠かさずにやっています。そこで本記事では、簿記2級の合格を目指す人に向けて、過去問の使い方をアドバイスします。
簿記

簿記2級で年収アップ!おすすめキャリアプラン3選

簿記2級の合格を目指す理由は人それぞれですが「転職、就職に有利そうだから」という理由で目指している人もいるはずです。そこで今回は「簿記2級に合格した人が年収を上げたいと思うなら、その後どうやって働くべきか」について考えてみました。
スポンサーリンク
簿記

簿記2級ネット試験を徹底解剖!難易度、申込方法、対策は?

日本商工会議所および各地商工会議所では、2020年12月から簿記検定のネット試験を開始しました。所定のテストセンターに行き、パソコンを使って受験できるというスタイルの試験です。本記事では、簿記2級のネット試験を受験する場合の手続きや注意点について解説します。
簿記

簿記2級に受かる気がしない人必見。合格者が考えた突破のコツ5選

簿記2級は「1~2回受験すればまず受かる」試験と言われていました。しかし、昨今の合格率や試験問題の難易度の上昇を見ていると、そう簡単な試験でもなくなっているようです。そこで本記事では、苦戦している人のために、合格者である筆者がコツを伝授します。
簿記

簿記3級を飛ばして2級を受けるのはおすすめしない3つの理由

簿記検定は認知度が高く、毎年たくさんの人が受験する資格試験の1つです。一般的には、3級から受験し、その後2級→1級とステップアップしていく流れです。しかし3級を受験せず、いきなり2級から受験する人もいます。人にはそれぞれ考え方や事情があるので否定はしませんが、筆者はおすすめしません。その理由を詳しく解説します。
簿記

第157回の簿記2級試験は炎上騒ぎに。本試験が難しすぎる場合の対処法

簿記2級の難化に伴い、受験生に多大な負担を強いる極めて難易度の高い問題が出題され、物議をかもすことも増えてきました。いわゆる炎上です。今回は、炎上した例を紹介するとともに、きわめて難易度の高い問題が出題された場合の対処法を紹介します。
簿記

簿記2級の勉強法。工業簿記は満点狙いでいくべき理由は?

これまで簿記2級を受験したことがない人にとっては、そもそもどうやって勉強したら良いのかもわからず不安かもしれません。筆者が経験者としてアドバイスできることがあるとすれば「工業簿記は満点狙いで」といったところです。今回の記事では詳しい理由と具体的な勉強法を解説します。
簿記

商業簿記と工業簿記の違いを比較。向いているのはどんな人?

これまで簿記3級の勉強をしてきた人であっても、簿記2級を受験する際には新たに工業簿記を勉強しなくてはいけません。「簿記」とついているのは同じですが、商業簿記とはまったく異なる部分もあるので、違いを知ってから取り掛かりましょう。今回の記事では、商業簿記と工業簿記の違いを比較したうえで、向いている人の違いにも触れます。
簿記

簿記2級を取るならネット試験がねらい目!?真偽のほどを確かめてみた

簿記2級は決して簡単な試験とは言えません。しかし「自分にはムリ」とあきらめる前に、「ネット試験が実はねらい目」をいうことを知ってほしいと思います。現時点で公表されている集計期間中は、40%近い合格率をキープしているのです。
タイトルとURLをコピーしました