FP

FP

【FP】リスク管理1「リスクマネジメントと保険の仕組み」

FP試験の学科科目の2科目目「リスク管理」のうち「リスクマネジメントと保険の仕組み」について解説していきます。 「リスクマネジメント」は何を目的とするのか?そして、保険商品のベースとなる仕組みについて学習します。
FP

ファイナンシャルプランニングと資金計画13【雇用保険3】

教育訓練給付とは、給付雇用保険の被保険者期間が3年以上ある人が、厚生労働大臣指定の教育訓練を受講した場合、給付金が支給される制度です。教育訓練給付金には「一般教育訓練給付金」と「専門実践教育訓練給付金」があります。要件や給付額について詳しく見ていきましょう。
FP

ファイナンシャルプランニングと資金計画12【雇用保険2】

雇用保険制度とは、失業時の手当や再就職の支援、雇用保険加入者の能力開発等を目的に公共職業安定所が窓口となって各種給付等を行う制度です。雇用保険の給付は全部で4種類あり、前回はそのうちの1つ「求職者給付」について解説しました。今回は、その続きについて見ていきましょう。
スポンサーリンク
FP

ファイナンシャルプランニングと資金計画11【雇用保険】

雇用保険制度とは、失業時の手当や再就職の支援、雇用保険加入者の能力開発等を目的に公共職業安定所が窓口となって各種給付等を行う制度です。雇用保険の給付は全部で4種類あります。今回はそのうちの1つ「求職者給付」について見ていきましょう。
FP

ファイナンシャルプランニングと資金計画10 【労災保険】

労災保険とは、労働者災害補償保険の略称で、労働者の業務上または通勤途上の負傷、疾病、障害、死亡に対して保険給付を行うものです。雇用形態や労働時間に関係なく自動的に加入します。今回はこの労災保険が給付される要件などをまとめていきましょう。
FP

ファイナンシャルプランニングと資金計画9【公的介護保険】

今回のテーマは公的介護保険制度です。公的介護保険制度とは、国民が支払う介護保険料をもとに、介護が必要になった人に対して給付や支援を行う制度のことです。支援の対象者は、要介護や要支援の認定を受け、原則として1割の自己負担で様々な介護サービスを受けることができます。
FP

ファイナンシャルプランニングと資金計画8【公的医療保険2】

社会保険とは、医療保険、介護保険、年金保険のほか、広義では労働保険も含めた公的保険精度の総称を指します。今回は社会保険の中の「医療保険」のうち、「健康保険の任意継続被保険者」と「後期高齢者医療制度」について詳しく解説したいと思います。
FP

ファイナンシャルプランニングと資金計画7【公的医療保険】

「ファイナンシャルプランニングと資金計画」のうち「公的医療保険」について詳しく解説していきます。社会保険とは、医療保険、介護保険、年金保険のほか、広義では労働保険も含めた公的保険精度の総称を指します。今回は社会保険の中の「医療保険」について詳しく解説したいと思います。
FP

ファイナンシャルプランニングと資金計画6【教育資金プランニング】

一般的に子供にかかる教育資金は大学まで、ずっと公立でも1,000万円くらい、ずっと私立だと2,000万円くらいかかると言われています。そのため、教育資金のプランニングをすることは非常に重要です。今回は教育資金プランニングの中でも特に出題が多い「学資保険」「教育ローン」「奨学金」について詳しく解説したいと思います。
FP

ファイナンシャルプランニングと資金計画5【住宅取得プランニング】

「ファイナンシャルプランニングと資金計画」のうち「住宅取得プランニング」について詳しく解説していきます。ライフイベントの中で、最も大きな出費をするのは「マイホーム購入」です。そのため、FPとして顧客のライフプランに合わせたアドバイスをする上で、住宅取得のプランニングは重要と言えるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました