ITパスポート、ストラテジ系の中分類「技術戦略マネジメント」を詳しくご紹介!例題にも挑戦!

ITパスポート

この記事では、ITパスポートのストラテジ系の中分類の1つ「技術戦略マネジメント」について詳しく解説していきたいと思います。

こちらも合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク

技術開発戦略・技術開発計画

新しい技術の開発、既存の技術の向上は、企業の継続性を考えた上でとても重要な課題です。

技術開発戦略とは、開発していくべき分野と縮小すべき分野を、将来的な市場の動向を踏まえて分析する方法です。

技術開発戦略により強化すべき開発分野を決定した後、その開発を行うために必要な技術開発計画を実行していきます。

技術開発計画では、開発に必要な技術や人材の調達、投資額、期間などを合わせて計画していかなければなりません。

目標をしっかり見定める上でロードマップを作成し、それに基づいた開発を進めていく必要があります。

ロードマップとは、企業が将来どのような製品をリリースしていくかという計画を時系列でまとめた図、あるいは表のことです。

示される内容の例としては、製品の新旧バージョンの移り変わりや、複数の部門における開発の連携などがあります。

市場を牽引している企業のロードマップは、技術革新などに関するひとつの目安としてもみることが可能です。

クライアントや投資家などのような社外向けの資料となるもの、社内のプロジェクトチーム向けの資料となるものなどがあり、提示する対象によって意図や内容も異なります。

クライアントや投資家などにとっては、今後の業界の動向把握やその企業を評価するための資料として重要です。

技術戦略マネジメントで使われる用語の解説

では次に技術マネジメントで使用される用語をいくつかみていきましょう。 

  1. デルファイ法
    将来起こる事象に関する予測を行う手法。技術開発戦略の立案に利用され、複数の専門家に独自の見解を出してもらい、それらを相互にフィードバックして再び見解を出し合う作業を繰り返すことをいう。
  2. MOT(Management of Technology:技術経営)
    技術開発の成果によって事業利益を獲得することを目的とした経営手法。
  3. 技術ポートフォリオ
    技術水準や技術の成熟度を軸にしたマトリックスに、市場における自社の技術の位置づけを示したもの。
  4. 特許戦略
    開発した発明や、開発する予定の発明を、自社の成長に役立てることを目的とした経営手法。
  5. プロセスイノベーション
    業務工程(開発・製造・物流など)の分野で他社が真似できない画期的なプロセスを構築することで競争優位を達成する技術革新。

技術戦略マネジメントの例題に挑戦!

それでは技術戦略マネジメントに関する問題に挑戦しましょう!

<例題>
技術ロードマップの説明として,適切なものはどれか。

A、カーナビゲーションシステムなどに用いられている最短経路の探索機能の実現に必要な技術を示したもの
B、業務システムの開発工程で用いるソフトウェア技術の一覧を示したもの
C、情報システム部門の人材が習得すべき技術をキャリアとともに示したもの
D、対象とする分野において,実現が期待されている技術を時間軸とともに示したもの

<解答> D、対象とする分野において,実現が期待されている技術を時間軸とともに示したもの

技術ロードマップは、縦軸に対象の技術、製品、サービス、市場を、横軸には時間の経過をとり、それらの要素の将来的な展望や進展目標を時系列で表した図表のことです。

技術開発に携わる人々が、技術の将来像について科学的な裏付けのもとに集約した意見をもとに策定され、研究者・技術者にとって、研究開発の指針となる重要な役割を果たします。

技術ロードマップには、企業内の目標管理目的で作成するものから政府が国としてのビジョンを示すために作成するものまで様々あります。

したがって「D、対象とする分野において,実現が期待されている技術を時間軸とともに示したもの」が正解です。

まとめ

今回はITパスポートのストラテジ系の中分類の1つ「技術戦略マネジメント」について詳しく解説しました。

技術開発戦略の意義や目的を理解し、重要な用語をしっかりと覚えて点数アップにつなげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました