ITパスポート、ストラテジ系の中分類「経営戦略マネジメント」を詳しくご紹介!例題にも挑戦!

ITパスポート

この記事では、ITパスポートのストラテジ系の中分類の1つ「経営戦略マネジメント」について詳しく解説していきたいと思います。

こちらも合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク

経営戦略分析手法

ビジネス環境の変化や社会情勢、あらゆる状況に適応し、企業優位性を保ち続け、成長を遂げるための長期的な視野を持つ構想を経営戦略と呼びます。

経営戦略に必要なものは、企業自身が持っている実力や立場を分析する手法です。

いくつか見ていきましょう。

SWOT法

強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)という4つの観点から自己分析を行います。

まず強みと弱みは企業の内部環境を分析することです。企業が持つべき強みと、克服しなくてはならない弱みをしっかりと明確にします。

機会と脅威は外部環境を分析することです。利用しなくてはならない機会、対抗しなくてはならない脅威をはっきりと認識することが大切です。

PPT(Products portfolio management)

企業が扱っている事業や製品を市場占有率と市場成長率の2つの視点と、花形、金のなる木、問題児、負け犬の4つの分類で分布状況を見定めます。

経営資源を配分し、事業や製品の組み合わせを検討します。

マーケティングの基礎

顧客のニーズを掴んだり、それに合わせた販売形態を作るため、さまざまな調査や計画を練ることをマーケティングと呼びます。

基礎的な方法をいくつか見てみましょう。

市場調査

市場に関する全般的な調査を科学的視野で実行し、情報を収集して分析を行い消費者の動向や製品の好感度などをさまざまな視野から見定めます。

これには、インターネットを用いたアンケート、消費者を集めてディスカッションさせる方法、葉書にアンケートを書いてもらい郵送するといった方法などがあります。

しかし、これらのデータはただ集めるだけではなく、整合性のある分析をしなければなりません。

販売、製品、仕入評価

市場調査の結果を基に、需要と供給のバランスを予測して戦略的なビジネスを展開します。

これには販売計画、製品計画、仕入計画の3つの要素を用います。

販売促進

広告やキャンペーンなどで消費者の購買意欲を刺激します。

セールス・プロモーションとも呼ばれ、消費者だけでなく流通業者や社内に向けての意欲向上のための取り組みも大切です。

ビジネス戦略立案、および、評価のための情報分析手法

ビジネス戦略を立案するにあたり、目標設定や評価などを行うために基本的な情報分析をしなければなりません。分析手法としてはバランススコアカード(BSC)やバリューエンジニアリング(VE)などが知られています。

バランススコアカード(BSC)

財務、顧客、業務プロセス、学習と成長の4つの視点で業績管理指標をバランス良く組み合わせて、戦略の実行、業績評価を行います。

バリューエンジニアリング(VE)

製品のコストを下げつつも、品質を維持する仕組みのことを指します。

VEを実行することにより、顧客満足度の高い新製品を創造すること、既存製品やプロセスの改善などの効果があります。

ストラテジ系の「経営戦略マネジメント」の例題に挑戦!

それでは経営戦略マネジメントに関するに挑戦しましょう!

<例題>
マーチャンダイジングの説明として、適切なものはどれか。

A、消費者のニーズや欲求,購買動機などの基準によって全体市場を幾つかの小さな市場に区分し,標的とする市場を絞り込むこと
B、製品の出庫から販売に至るまでの物の流れを統合的に捉え,物流チャネル全体を効果的に管理すること
C、店舗などにおいて,商品やサービスを購入者のニーズに合致するような形態で提供するために行う一連の活動のこと
D、配送コストの削減と,消費者への接触頻度増加によるエリア密着性向上を狙って,同一エリア内に密度の高い店舗展開を行うこと

<解答> C

マーチャンダイジングとは、主に店頭において、消費者の求める商品を、適切な数量、適切な価格、適切なタイミング等で提供するための一連の活動を表す言葉です。

具体的な活動として、商品の調達、値付け、陳列、販促などがあります。

マーチャンダイズ(Merchandise)は、”商品”や”商品を売買する”という意味の英語です。

したがって「C、店舗などにおいて,商品やサービスを購入者のニーズに合致するような形態で提供するために行う一連の活動のこと」が正解です。

まとめ

今回はITパスポートのストラテジ系の中分類の1つ「経営戦略マネジメント」について詳しく解説しました。

経営情報分析手法、マーケティング、ビジネス戦略立案などの基本的な考え方を理解し、それぞれの特徴把握し点数アップにつなげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました