簿記の申し込み方法は?日程や料金などもあわせて詳しく解説!

簿記

みなさん、こんにちは。

今回は簿記の申し込み方法について話したいと思います。また、試験回数、料金、当日の持ち物、申し込みの流れも確認してみましょう。

スポンサーリンク

簿記試験は年に何回?いつ試験があるの?

2021年度の日商簿記の試験日程

上記のように、2~3級は6月、11月、2月と3回 、1級は6月、11月の2回チャンスがあります。

3級の合格までに必要な時間は100時間と言われているので、受験する日から逆算して勉強計画を立てましょう!

受験申込期間および受験申込場所は、各地の商工会議所、試験施行機関によって異なりますので、試験日の約2カ月前を目途に各議所に確認してください。

試験時間は?

簿記試験の試験時間は以下の通りです。

  • 1級      3時間 (集合時間 9:00)
  • 2級      2時間 (集合時間 13:30)
  • 3級      2時間 (集合時間 9:00)

1級は3時間もあるので、別途休憩時間があります。
3級は午前中、2級は午後の試験となり、1級は2科目あるので午前・午後両方の試験となります。

日商簿記の申し込み料金は?

2021年度の受験料は以下の通りです(消費税込み)。

1級7,850円
2級4,720円
3級2,850円

このように級が上がるごとに受験料も高くなります。

受験料の他に、受験級ごとに事務手数料として550円(税込)が必要です。

そして、期限までに規定どおりの払込みがない場合は受験できないということはもちろん、一旦支払われた受験料・事務手数料は、返金されませんのでご注意ください。

こちらは後ほど説明しますが、入金方法はクレジットカード、郵便局またはコンビニエンスストアで受験料を事務手数料のお支払いになります(払込締切日までの受領印有効)。

持ち物

試験当日は以下のものを必ず持参してください。
(日商簿記公式HPより)

受験票 
筆記用具HBまたはBの黒鉛筆・シャープペンシル、消しゴムのみ
電卓またはそろばん関数電卓・プログラム機能は除く、プリンター内蔵、メロディー音の出るもの、携帯コンピュータ(電子手帳を含む)、携帯電話等は使用できません。
身分証明書運転免許証、パスポート、写真付きの住民基本台帳カード、個人番号カード、学生証、社員証など、原則として、第三者機関発行で氏名・生年月日・顔写真が揃って確認できるもので、電子媒体やコピーは不可

上記の4つが必要です。会場によっては時計がない場合がありますので、念のため腕時計などを持っておくことをオススメします。

申し込み方法

大きな流れは下記のとおりです。

STEP1: 申し込み登録をする

STEP2: 申込書(払込取扱票)が届く

STEP3: 受験料と事務手数料を支払う

STEP4: 受験票が届く

STEP1: 申し込み登録をする

まずは試験会場を選択します。

商工会議所検索 | 商工会議所の検定試験
日本商工会議所および各地商工会議所が実施する検定試験の試験日・受付期間・実施場所を検索/表示するサイトです。

受験日2ヵ月前にならないと申し込みが始まらない場合がりますので、その場合はお待ちください。

サイトに移動したらインターネット申込のボタンを押すと「仮申込ページ」に移行します。

申込情報(氏名・電話番号・メールアドレス・受験内容)を入力いただき、「仮申込番号」が表示されます。この番号は本申込の認証ページで使用いたします。

仮申込完了から数時間後、本申込のご案内メールが届きます。

その後、住所やお支払方法などを設定すれば完了です。

STEP2: 申込書(払込取扱票)が届く

登録が完了すると次に申込書(払込取扱票)が届きます。申込書(払込取扱票)は登録日から通常営業日5日以内に普通郵便で発送されます。

こちらに従って、支払いを完了させましょう。

STEP3: 受験料と事務手数料を支払う

郵便局またはコンビニエンスストアで受験料を事務手数料と共にお支払いください(払込締切日までの受領印有効)

ただし、いかなる理由でも受験料・事務手数料の返金は行っていないようなのでご注意ください。

STEP4: 受験票が届く

受験票発送日に受験票(ハガキサイズ)が普通郵便で発送されます。

こちらは試験当日に必要な持ち物となるので届いたら大切に保管してください。

万が一受験票が届かない場合は、必ず受験票未着問合せ期間内に、受験者ご本人が電話にて問い合わせてください。

まとめ

今回は簿記の事務的な手続きや、流れについて解説しました。

勉強してきたものをしっかりと発揮できるように、申込みだけは忘れないようにしましょう。具体的な勉強法も公開しておりますので、是非ご覧ください。

簿記試験の内容とは?概要から試験内容をわかりやすく解説!
今回はこれから簿記を取ろうとしている人や、そもそも簿記ってどんな勉強をするの?と疑問に思っている方に向けて、簿記の概要や試験内容をできるだけ具体的にお伝えしたいと思います。ぜひ参考にしてください。
簿記の種類|日商・全商・全経の違いを解説!おすすめはどれ?
「簿記検定」には3種類あることをご存知でしょうか?同じ簿記3級の取得者でも、どの簿記3級かによってレベルも実用範囲も異なります。今回は、主催団体や受検者層を確認することで、簿記のそれぞれにどんな特徴があるのか?難易度に違いはあるのか?などの疑問にお答えしたいと思います。
就職・転職の大きな武器「日商簿記検定」とは
簿記は経理や財務といったお金を扱う部署ではもちろん、それ以外の部署でも大切なスキルですし、経理以外の職種への就職を希望する場合でも大きな武器になるのです。今回は日商簿記検定について説明をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました