簿記試験の内容とは?概要から試験内容をわかりやすく解説!

簿記

今回はこれから簿記を取ろうとしている人や、そもそも簿記ってどんな勉強をするの?と疑問に思っている方に向けて、簿記の概要や試験内容をできるだけ具体的にお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

簿記試験の概要

簿記とは簡単にいえば「商品やお金の取引について記録すること」です。

お金や商品の出入りを記録しておくことで、企業の財政や経営状態を明確にすることができます。お金の記録は企業にとって非常に重要なものであり、誤りがあってはいけません。そのため、正しく記帳できるスキルと知識を持った人が担当することになります。

そして、簿記検定とは、こうした「簿記のスキルと知識を持った人」を認定するためのものです。企業も経理や会計といった事務職の募集をする際は、簿記の資格を持っていることを募集条件に掲げることが多いです。もし会計職を希望する場合は、簿記検定に合格して資格を得ることが大きなポイントとなります。

そして、この簿記試験は大きく3つに分かれ、級ごとに求められる知識やスキルの深さや高さが違います。

まずは簡単に級ごとにどんな内容なのか?何ができるようになるのか?を見てみましょう。

3級

商業簿記のみの学習ですが、小規模な株式会社の経理実務を前提とした内容を学習します。
現代のビジネス社会に即した内容のため、「社会人に必須の知識」が身につきます。

2級

商業簿記に加え、工業簿記も学びます。
経営管理・財務担当者には必須の知識とされる財務諸表の数字を読み解く力が身につき、経営内容を把握できるようになります。

1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。
1級に合格すると、税理士試験の受験資格が得られます。極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を学び、会計基準・会社法・財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができます。

このように級が上がるにつれ、求められるものも大きくなり、1級ではかなり専門的な知識が必要となります。

これだけではイメージがわかないと思うので、今回は3級の試験内容について見てみましょう。

日商簿記の試験科目

日商簿記の試験科目は主に「商業簿記」と「工業簿記」の2つがあります。

商業簿記

商業簿記は、事業活動の中で企業の外部との取引を記録・計算するための知識・技能になります。
例えば、販売や購買などの取引記録からその会社のステークホルダー(利害関係者)に対して、正確な財務諸表の作成を行うために必要な知識であり、帳簿方法です。

日商簿記3級の試験科目は商業簿記からの出題となります。

工業簿記

工業簿記は、その企業の部門や商品やサービス別の資源(ヒト・モノ・カネ)の活用状況を記録・計算するために必要で、適切で正確な経営管理を行う上で求められる知識です。

なお、工業簿記は2級試験から出題される科目なので、3級試験では出題されません。

簿記3級で扱う商業簿記から理解をすることが大事ですね!

3級で学ぶ商業簿記について

3級で学ぶべき科目は以下の通りです。

科目名内容
現金預金会社に現金同様すぐにお金に換えられるものいくらあるのか
売掛金と買掛金受け取る(渡す)お金がいくらあるのか
その他の債権と債務現金や商品などを受け取れる(渡す)権利(義務)がどれぐらいか
手形支払手形、約束手形、為替手形について
債権の譲渡譲渡した時どう帳簿に記載するか
引当金将来の支出のうち、負担に属する金額を費用・損失として計上するのがどれぐらいあるか
商品自社の未納入の商品がどれぐらいあるか
有形固定資産1年以上にわたって所有する資産がどれぐらいあるか
収益と費用収益とそれにかかる費用の計算
税金収入印紙、固定資産税などの支払うべき税金について
各種決算整理手続会社の決算の計算
資本金会社設立時や増資時の株主からの払込金の計算
利益剰余金繰越利益剰余金の計算など
剰余金の配当株主への利益の分配(配当)について

このように、ただ収益や預金などの表面上の数字だけでなく、それにかかる費用や税金、これから入ってくるお金がどれぐらいあるのか?などを細かく計算をしていくのがこの資格の重要の部分と言えます。

勉強する項目が多いと思う方も多いかもしれませんが、3級ですのでそこまで深いところまで聞かれることはないので安心してください。

簿記試験3級は100時間あれば合格の目安と言われているので、まずは試験前までに100時間以上を目標に計画を立ててみると良いでしょう!

まとめ

重ねてではありますが、簿記とは「商品やお金の取引について記録すること」です。この簿記資格を採用基準としている会社もあるぐらいですから取っておいて損はありません。

もちろん就職や転職の時にも役立ちますし、副業に関心がある方では、簿記の考え方は事業計画の基本となりますので、経営の第一歩になります。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました